解雇予告や解雇予告手当の規定はアルバイトにも適用される

アルバイトの選び方と注意

解雇予告や解雇予告手当の規定はアルバイトにも適用される アルバイトをすることは今の日本では珍しいことではなく、多くの人が一度はアルバイトをした経験があって当たり前といっても良いほどではないでしょうか。アルバイトの場合は、気軽に始めることができるのが利点ですが、注意しなくてはならないこともあります。それはバイト先の選び方です。アルバイトを始める時というのは、お金が欲しいからであり、時給の良いバイト先を探す人が大半ではないでしょうか。しかし時給が良いからといって通勤に時間がかかるバイト先は、通勤に時間を取られてしまうのであまり良い選択肢とはいえません。

アルバイトをするところを選ぶ際には、自宅から近いところを選んだ方が働きやすいことは間違いありません。アルバイトといっても、社会に出て働くことに関しては正社員と同じです。お金をもらって働く以上は遅刻や無断欠勤は絶対にしてはいけません。バイトの場合は気軽に考えてしまいがちなので、遅刻も少しなら良いと考える人もいますが、バイトを雇っている側の立場ならば、仕事への姿勢が悪い人と働きたいと思うことはありません。遅刻や欠勤を繰り返してしまうと、バイトでも辞めさせられたりシフトに入れてもらえなくなっても仕方ありません。

関連サイト情報