解雇予告や解雇予告手当の規定はアルバイトにも適用される

試験監督のアルバイトについて

解雇予告や解雇予告手当の規定はアルバイトにも適用される 年が明けると受験生にとって大きなイベントがあります。言うまでもなくセンター試験と大学受験です。もちろん、この時期限定で働くことができるアルバイトがあります。受験生をサポートする試験監督と運営スタッフのアルバイトです。大学で受験を開催する際に、想像以上の人員が必要になります。多くは学内スタッフですが、最近では一般の採用も増えています。

大学受験の試験監督の仕事は、主に受験生に問題用紙と解答用紙を配布し、試験中に不正行為を働いていないかどうかを監視する役割と、試験中に受験性が体調不良などを起こした際にサポートをする役割があります。この仕事の良い所は、何も問題が発生しなければ非常に楽な仕事ですが、ただ試験中は絶対に声をあげてはいけないですし、妙な行動をとることも許されないので、時間が経過するのは普通の仕事に比べると若干遅く感じるところがあるかもしれないです。

試験監督のアルバイトをする際に必ず、スーツ着用が義務付けられています。大事な大学受験なのでカジュアルな服装はふさわしくないです。そして大学にもよりますが、お昼ご飯を支給されるケースがあります。普段、入ることがない大学受験の現場でアルバイトを経験できるのはかなり貴重です。

関連サイト情報